助成金

公的助成金を活用して
受講料の負担を実質0円に

Tech Seedの研修では、厚生労働省の人材開発支援助成金が活用できます。

人材開発支援助成金とは、雇用する労働者のキャリア形成促進のため、
職務に関連する専門的な知識や技能の普及に対して助成する厚生労働省の制度です。
この制度を活用することで、研修にかかる費用を大幅に削減できます。

研修計画や雇用形態などに合わせて4種類の助成金から貴社に最適なプランをご提案。
面倒で煩雑な手続きも専任スタッフが無料で徹底支援いたします。

また弊社にはキャリアコンサルタント、ジョブカード作成アドバイザーが常駐しておりますので、ご安心ください。

Introduction 制度について

正社員または契約社員の従業員に適用できます

  • 労働保険料を納付していること
  • 助成金の支給申請日から過去1年間の間に、労働関連法案の違反を行っていないこと
  • 助成金の不正受給を3年以内に行っていないこと
  • 研修開始から1ヶ月前までに助成金の事前申請を済ませること
  • 助成金の事前申請日の前日から起算して6ヶ月前から研修終了後の支給申請提出日の間に、解雇(会社都合退職)を1名も行っていないこと
  • 研修総時間に対して、受講者が80%以上の出席を行うこと

4種類の助成金

対象:正社員

  • 特定訓練コース 若年人材育成訓練(off-JTのみ)
  • 特定訓練コース 特定分野認定実習併用職業訓練(off-JT + OJT)

対象:契約社員

  • 特別育成訓練コース 一般職業訓練(off-JTのみ)
  • 特別育成訓練コース 有期実習型訓練(off-JT+OJT)

活用例

特定訓練コース 若年人材育成訓練

対象者 正社員
入社5年以内かつ35歳未満の方
研修期間/時間 研修時間が10時間以上
活用限度数 ひとりの受講生あたり、年間で3種類の研修まで
支給限度額 1事業所あたり年間1,000万円まで
助成金の算出方法 [Off-JT]
①研修料金の45%(経費助成)
②研修時間×760円(賃金助成)
→①と②を合算した金額が受給金額となります。
※①②ともに100円未満切り捨てにより算出
助成金試算 Java3ヶ月コースの場合(413時間/料金52万円※税別)
①257,400円+②313,800円=571,200円
詳しいお見積り・お申し込みは
こちらからお問い合わせください

How To ご利用の流れ

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング・無料お見積もり
  3. ご契約
  4. 助成金申請
  5. 研修実施
  6. ご請求
  7. 助成金給付

助成金の申請スケジュールや注意事項など詳しくは資料をご確認ください

無料 資料ダウンロード

  1. TOP
  2. 助成金